The hedgehog which wants to knit
英文パターンにハマっている編み物中毒者による編み物etc
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wisdom 完成
2010年11月07日 (日) 15:25 | 編集
RIMG0161.jpg

2010年10月26日~2010年11月6日
pattern:Wisdom by Kim Hargreaves
from Cherished
yarn:Rowan Felted Tweed(141 whisper)5玉
Rowan DKsoft 0.1玉
needle:3mm 3.75mm JPN4号
size:S



Wisdomいっちょうあがりました~。

このかのことメリヤスでボーダー、って言うのが可愛くて、飽きずに編めました。丈も袖も少し短めのデザインです。ひさびさ脇目もふらずに一気編みしました。
もうすぐ娘&息子の誕生日(パパもそうなんだけど、暑がりさんだから編まないの^^;)で、今年は息子が「僕にも編んで」と言ってくれたので(一昨年、去年は「編んだの着たくない」って拒否られた…泣)お揃いを編みたいと思っているのです。それに取りかかる前に仕上げちゃいたかったというのもあり…。
糸がFelted tweedっていうのがまた、ターボかかるんですよね。編み心地が不思議で、糸に針を入れる感触がたまらない。ものすごく柔らかい、っていうのとはまた違う心地よさです。後半もう編み終わっちゃう、もったいない~…><って袖のあたりだけ、少しゆっくり編み心地を楽しみながら編みました。
でもこれ、本の配色がとびきり可愛いので、私のはちょっとおっさん仕様か?ってくらい地味ですが、自分的にはツボな色同士なので、悔いはありません…

RIMG0156.jpg

最初同じフェルテッドの半端在庫の紫を合わせようかと思ったのですが、出して並べてみると、おかしい…見本帳の糸端ではありますが指定色と合わせてみると、メインカラーに彩度が似ているので、どうも沈んでしまう。あれこれ在庫を引っ張り出して、一番しっくりきたsoftDKのチャコールグレー。ゲージが合えば、この糸で同じ本からSkylarkが編みたいなあと思っています。


今回変更点はまったくないのですが、冬仕様なのか太ってきたのでSサイズで編んでみました。いままでも、だいぶ無理してたんですけど…^^;
出来上がりサイズを見たら、XSだときちきちかな?カーデだし、と。結果、重ね着にも余裕なゆとりがあって大変良いですが、ちょっともたついてる部分もある(笑)袖ぐりがひろくなってしまったかな?そうすると、太って見えるんですよね…いや、太ってきたからサイズを上げたんですけどね。

ポケットですが、先にコントラストカラーで指定段数編んでおき休めます。本体のポケット位置に来たら同じ目数伏せ目して、裏からの段で休めておいた分をその部分に編んでしまいます。全て終ったら後からぐるっと裏からポケットを綴じつけました。曲がりました。でも、裏だから…(ダメ…)


できたてでお出かけ。外で撮るとまた色の見え方が違ってきます。
RIMG0139.jpg

RIMG0145_20101107145026.jpg
ボタン開けてみたところ。

RIMG0154.jpg
バックスタイル。かのこ&メリヤスのボーダーがよくわかるでしょうか。

RIMG0160.jpg

ボタンはローワンの黒蝶貝のミディアムを付けました。ボタン穴がちょい大きめでニットに付けやすいです。1番上は、2番目のボタンと近すぎるし、とりあえず付けず。私的には十分かなあ。

最後に、変な顔してますが(元から?)全体のバランスはこんな感じです…
RIMG0143_20101107144914.jpg




Aimee、Moon 完成
2010年10月29日 (金) 12:54 | 編集
RIMG0112.jpg
2010年10月8日~2010年10月12日
pattern:Aimee by Kim Hargreaves
from Thrown Together
yarn:Rowan Kid Soft 3玉
needle:5.5mm
size:一番小さいサイズで編んで、2番目くらいの仕上がり
3玉編みきりしたので、長さが3cmほど足りない


Aimee完成しました。
まだ、Rom専だったころ…koumeさまのブログでaimeeの記事を拝見し、色もまねっこして同じ糸を買いました。廃盤でもう入手はできない糸ですが、春先に色違いでOpalを編んだ糸です。去シーズンは、編めなかったのですが短期帰省にちょうど良い!と思って、持ち歩きがしずらいManu(めずらしく、引き揃えで編んでいるので、糸がぶらんぶらん)を中断して、これを編む事にしました。

特に、難しい事はなくてゴム編みして減らし目して、まっすぐ編んで伏せるだけです。これは綴じはぎが難しそうな糸だなあと、今回も輪にして編みました。
作り目して、さあ編もう!と進めて行くと…

RIMG0065.jpg
結び目~!と思ったらただの激しいもふもふでびびりました…
編みずらかったので、切り落としました。

今回も普通の伏せ止めにしました。糸を使い切ろうと思ったので、3段くらいガーター入れたいなあとぼんやりは思ったんですが、どこからガーターにしたら編みきれるのか判断がつかなかったので…それにこの糸の形状、auraさまより編み直ししにくいし、なのでそのまま。
RIMG0111.jpg

3玉、きれいに使い切って大変すっきり。忙しい帰省中でしたがぐるぐると楽に早く編めました。
見るからに暖かそうです。はやりのスヌードちっくに巻いてみたところも。今期スヌードも編みたいなーとぼんやり思っていたのですがこの着画を撮って、気がすんじゃったかも…
RIMG0098.jpg


などとやっているうちに、kimさまの今秋冬2冊目の本、「Cherished」が発売されました。

RIMG0135_20101029125317.jpg
2010年10月24日~2010年10月25日
pattern:Moon by Kim Hargreaves
from Cherished
yarn:Rowan Cocoon(812)Bilberry 1.1玉
needle:4.5mm 6mm
変更点:左上三目一度がきれいに出来なかったので、中上三目一度に。


今回も私的にはマストバイ!って感じで速攻入手。10冊目の本になるそうです。ニットのトレンチなんかも載っていて、迫力でした。こうやって定期的にkimのデザインが見れるのはとても嬉しい。
またも色々編みたいデザインがありましたが、まず、気持ちを落ち着かせるために(笑)Moonを編みました。Cocoonは極太糸ですがぬめり、柔らかさが最高な糸です。雑な感じゼロ。紫でも、かなりシックな色出しで、落ち着いた感じがもろ好みなのです。身につけていても「ここんとこだけ浮いてないか?」とか、そわそわしなくてもいい感じで(笑)
極太なうえ模様は簡単だし、私好みの平編みして後で綴じるタイプですぐに編めます。かぶり口のゴム編みは、きつめを意識して編みました。
RIMG0118_20101029112930.jpg

RIMG0116.jpg

帽子なので正面からの写真も入れてみました。どう顔を隠したら怪しくならないんでしょうか~。




Eleanor 完成
2010年10月07日 (木) 11:44 | 編集
RIMG0011.jpg
2010年9月11日~2010年9月27日
pattern:Eleanor by Kim Hargreaves
from Touching Elegance
yarn:Rowan Kidsilk Aura(steel) 8.5玉
needle:JPN7,8,12号 3.75mm
黒のガラスボタン1.4cm 10個
size:XS
変更点:袖を短く(10段ほど)、襟のガーター4段増やす(減らし目を1セット増やした)



今秋冬物第一弾として、kim様の新刊「Touching Elegance」より、Eleanorを編みました。
代替で安くあげようと思ったのですが、海外のお店でこのお色がパック売りでお安かったのです。脳内で悪い虫が「you、買っちゃいなよ」と呟いたのです。悪い虫、湧き過ぎ。

とはいえこのお色何故に廃盤なのか、薄すぎず濃すぎずのどストライク・グレー。
Auraを使うのは2回目ですが、前回は編んでてクシャミが止まらず、マスクして編んだんですよ(笑)今回はこわごわ編んでみたけれど大丈夫でした。パック売りだったから、毛糸がホコリを吸っていなかったのかも…と考えると前回のAuraはどんな保管状況だったのか、と怖くなります…(英国のほこり)
ゴージャスな毛足が編んでいて気持ちよいですが、もしゃもしゃなので編みやすい、とは言えないかも。シルクの艶ですべすべしていて、ちくちく感はほぼないと思いますが、モヘアだし…編み直しはお勧めしません…って、身頃で一目落としていてかなり(3玉ほど…)編み直したのは私です。もしゃもしゃなので、落としてるのに気づくのが遅くなりました(目数数えながら編むのは大事だと基本的な事を痛感)風合いが変わるのが怖かったのですが、太めの針で編むので、そこまでひどく絡まったりしていなくて、何とか助かりました。

このパターン、読んでみてびっくりしたのがまず平編みのトップダウンで、襟元に引き返し編みが入っている事。下から編んで増やし目するより上からにして裾に入る時には減らし目、にした方が綺麗に見えるからだろうか?などと色々考えたりしたのですが真偽のほどはわかりません。裾もただのメリヤスです。針の号数を細くしてフィット感を出しています。

RIMG0015.jpg

身頃は前後同形で、モヘアの綴じもなるべくなら避けたいので袖から下は輪編みで。いつものごとく、左右で1目ずつ減らしてますが、裏目のシームを入れました。
で、袖の長さが指定だとXSサイズでも、49cmあります。ここでびびりの私は「ハタ坊(だっけ?)みたいにならんやろうか?」と脳内関西人に呟かれ、かなり悩みつつ勝手に袖を短く。もしかしてすごく軽い糸なので、浮く事を考えての長さなのかも知れないのですがどうかな…。実際に着てみると肘の辺りのパフ具合が地味目になります。袖先のキツくなってる部分がちょうどパフを盛り上げてくれるわけですが、ちょっとたくし上げ気味にするとパフッと具合がもっと引き立つのです。私のはそこまでたくし上げるとつんつるてんになっちゃいます…
でも私には地味目のパフで良かったかもです。欲を言えばあと1cm長ければもっと良かったかな。
ドルマンよりは袖狭めなので、着やすいかなあと思っています。

それともう一つ変更した襟元ですが。Jasmineでぶかぶかだった事が(必死で編み直した4ply…;;)よっぽどのトラウマだったらしく、また詰めております。
指定の号数で指定数拾い、5段編んだら勝手に1号落としたうえ(8号→7号)、4段足しました。減らし目ももう一回いけそうだったからいっちゃいました。着脱には問題ないですが、デザイン的にはつまらないかも、でもミセスには安心な感じ。

RIMG0008.jpg

とか無難好きみたいな事ばっかり書いて、なんですかこの着画。
生足には決してはきませぬので、どうか許して下さいなミニスカ。
でもこの写真パフ具合がわかると思います。


ボタンは黒のガラスボタンです。1.4cmなのですが、ちょっと大きめだったかと思いつつ、これ用に購入したしで無理矢理つけちゃいました。間隔狭い…。本だとこの部分の写真がないので、パターン読むまでこんな事になってるとは、思わなんだ…。
先っぽ分けて編んで、ボタン付けとともに綴じ付け。(パターンの英文斜め読みなので合っていないかも^^;)
モヘアでモケモケしていてそんな工夫がされてるように見えませんが。しかもあまり綺麗に出来ませんでした…
RIMG0048.jpg


裾の部分、普通に伏せ止めしてます。予想通りにくるっとしちゃう。
ここで緩い伏せ止め、ってヤツ(Stretchy Bind-Off)をためしてみたんですが見た目がごつくなったのでやめました…
これなら,丸まりがあまり気になるようなら後でこま編みかなんか編み付けても一緒かなあと思いまして…で、何もしてません。

色々書いておりますが長めの丈と着やすい色、形で自分的には大変気に入っております。とても軽くて暖かいです。
寒くなったら着倒しちゃうもんね。



Lilac 完成
2010年09月29日 (水) 16:02 | 編集
RIMG0399.jpg
2009年8月12日~2010年9月16日
pattern:Lilac by Kim Hargreaves
from Breeze
yarn: Jaeger Siena(427) 6.2玉
needle:3mm
ベージュの貝ボタン 11個
size:XS



やっとやっと、完成しました。って、前回の記事から間が空いてませんが、去年から編んでいたんです、これ。

RIMG2198.jpg
このエジングの模様、編んでる時からあわびの行列に見えてお腹すくわ貝が食べたくなるわだったんですが(どんな編み物…?)このエジングが可愛くって編み出したんでしたよ。エジング編み、好きです。

けど、去年エジングだけ編んで冬眠させて、そろそろ再開かな~と7月のはてなさんのオフ会の時に後ろ身頃の拾い目をしたんでした。…でもそれからも色んな子に追い抜かれて行った、不憫な子なのです。
編み出すと意外と楽しい裏編みの二目一度と掛目の繰り返し。これ一度目を落とすと地獄を見るなと思ってわりと警戒しながら編みました。模様の法則維持のために増やし目も減らし目も2目ずつでした。脇の増やし目、綴じたときはじっこの掛目の穴が目立ってしまってます…反省点。綴じる時にもう少し気を使えば回避出来たかなと思うのですが。
それと、これを編んでる途中で掛目のyoとyfwdでは糸の掛け方が違うっていう事を知り、yfwdって指示のところず~っとyo(手前から奥に糸を引っ掛ける)してました…(パターン無視…というか、同じもんだと思っていたので)でもその方が楽だったし、そう変な仕上がりじゃないと思うので今回はよしとする……なんて言って、左右対称にしたい増やし目の時なんかは有効だと思うのですが、今後もyoですませてしまう予感がする^^;

RIMG0002.jpg

編み方としては、下のエジングを前後分だ~っと編んで、ガーターの部分の真ん中を後ろ身頃、左右を前身頃分とわけて拾い目して編んで行くという、ちょっと変わったやり方です。前立て部分も小さなピコットつき。特にあとから拾ったりとかはない、簡単仕様です。(襟ぐりは拾い目します。)掛目模様をボタンホールにしているので、一度外してしまうと均等にボタンをとめるのはむり…何か目印でも付けないと絶対合いません。なので、今後私はボタンをとめたまま、ずぼっとプルかのように着脱することでしょう…(ザ・ズボラー)

RIMG0395_20100925131552.jpg
kimっぽいスタイリング?と思ってボーダーを合わせてみたり。わりとカジュアルでもイケル?

RIMG0390.jpg
横から見たところ。やっぱりワンピの方が合いますかね~。

RIMG0393.jpg

編んでる時間の長さはそうでもないですが、年をまたぐと頭のどこかにひっかかっていて、すごく長く編んでいるような気になります。仕上がった時はほっとしました。これで秋冬物に心おきなくいけるーーー!(というわりに他にも放置品はありますがね…)
帰省のさい、erico様とお会い出来た時に素晴らしいLilacを拝見させて頂いたのですが、指定糸はもう少し手触りが柔らかく、糸もふっくらしていました。erico様は着丈と袖丈を長く変更されているのですが、真似して着丈だけでも長くしちゃおうかな~と長い事悩んでいたんです。でも、自分的にはこの着丈でも着やすそうかな。
sienaは撚りがしっかりしていて、細いです。(針の号数あげて編んでます)艶もあって色もきれいでとても好きな糸です。薄手でさらっとしていて、…春には良さそうです………お色もね、完全春仕様ですよね^^;まあ、来春には着倒そうーっと。




Sage 完成
2010年07月30日 (金) 15:48 | 編集
RIMG0395.jpg

2010年6月7日~2010年7月25日
pattern:Sage by Kim Hargreaves
from Misty
yarn:Pierrot Yarns Tsubaki Cotton 07 Beige 15玉
Rowan貝ボタン 3個
needle:3.25mm、JPN4号(3.3mm)
Size:XS


kim様デザインが続いておりますが…と言っても暑さで更新が遅くなってしまって、続いてる感はあまりないですね(汗 7月11日には糸始末も終ってたんですが、ボタン付けずに放置しちゃってました。

このデザイン、最初はそうでもなかったのに見れば見るほどつぼにはまってきて、編みたい!でも良さげな糸が在庫にないから諦めよう…っていったんは思ったんです。(でも海外サイトで指定糸をしつこくねっちり見てはいた…笑)そんな時にピエロの椿コットンだとゲージも良さそうだし他の方の評判も良かったし、ちょうどピエロの共同購入でおやすく(確か送料も100円とか)なっていたので飛びついてしまいました。そうそう、帰省で妹宅にいたので、目の前に在庫がなかったっていうのも自分に甘くなった一因です…。自宅にいれば自制できた…かな?

sageの花は5~7月頃が開花時期だそうで。
なんとかその時期に放置せずに仕上げたいな、と思い頑張りました。
と言うと聞こえは良いですが、編む順番を完全に間違えたかなと^^;
暑くて何も考えられず、頭を使わずに編めるものを黙々と編んでしまいました。
秋口になったら活躍させよう…

RIMG0403.jpg

RIMG0424.jpg
暑くて集中力がないせいか、撮影がうまく行きませんでした。色が飛んでるかぼけてるか(汗

変更点は、袖を2cmほど短くした以外はパターン通り。かなり身幅が広いデザインですが、
XSサイズで編んだせいか着てみると意外ともたつかず、すっきりしている気が。丈も短めですしね。
脇と袖の模様、ねじりかのこのガーターリブ?が結構可愛いんですがここは厚みが出てしまうので、重い仕上がりです。でも、着てしまえば大丈夫な感じ。見積もりより玉数少なくすみました。(18玉買った人…)
椿コットンは色も良い感じで、編みやすい糸でしたが、指定の糸よりは固いかな。
ゲージを合わせるのに少し手がきつかったせいかもしれません。
手がきついと言えば身頃編んだ後にKnitProの木製3.25mm、ぼきっとやっちゃいました。
袖は4号(3.3mm)で編んでます。そんなにゲージはかわりませんでした。良かった…。
これ、本来の指定糸(Rowanのmilk cotton)はArielleを編んだ糸と太さ違いの同じ色なんで、並べて比べてみたら、椿コットンの方が少しだけベージュが濃い感じです。両方、とても良い色でした。

RIMG0419.jpg

そうそう、そしてこのボタン。先日いったるーむあみさんで、Rowanのボタンをゲット!ぐっと高級感がでたような…?(そんなに高くはなかったんですが…笑)もう一回り大きい貝ボタンに彫刻が施してあるものは、繊細すぎて生産時期が短く、もうなかなか手に入らないものだそう。ケーブル模様とけんかしそうなのでシンプルな方を付けました。いつかこれ!というとっておきの物に使いたいなあ~。どちらも貝が薄く、可愛いですが扱いに注意しないと割れそうです…でも、味があって可愛いです。

結構しっかりしたコットン糸なので、残った3玉はベレー帽にでもしたい所です。
(模様お揃いのStarr、編んで両方着用したら、さすがにヤバい人だよね?という自制はきいているらしい…w)




Powered by まとめ. / インテリアテンプレートbyアフィリエイト支援サイト.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。